一般歯科

歯のお悩み治療ガイド HOME > 一般歯科

「歯が痛い」「しみる」その原因は虫歯かもしれません

「歯が痛い」「しみる」といった症状がある方は虫歯の可能性があります。虫歯は放っておいてもよくなることはなく、どんどん悪化していきます。治療せず放っておくと最終的には歯を抜かなければならない場合も。

当院では症状や進行段階に応じた虫歯治療を行っています。初期の虫歯であれば治療も簡単に済みますので、虫歯かも?と思ったらお早めにご相談ください。

虫歯になるメカニズム

虫歯になるメカニズム歯は 、外側からエナメル質、象牙質、セメント質の三層構造で成っています。歯の表面に粘着した虫歯菌が、食べカスなどを栄養にして酸を放出。この酸がエナメル質に浸透して歯を溶かしていきます。溶けた部分に虫歯菌が侵入し、歯の内部まで虫歯が広がっていくのです。エナメル質は人体のなかでもっとも硬い組織ですが、「酸に弱い」という特性により、しっかりケアしていないと虫歯菌に溶かされてしまいます。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯は進行段階によって症状や治療法が異なります。早めの治療が肝心ですので、下記のような症状がある場合にはお早めにご来院ください。

進行段階(治療内容)

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 歯を削る必要はありません。クリーニングやフッ素塗布、適切なブラッシングで治癒が期待できます。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯の部分を削り、穴を詰め物で補います。
C2
【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯の部分を削り、詰め物・被せ物をします。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を抜き、根管治療などを行ってから被せ物をします。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 ほとんどのケースで抜歯が必要になります。治療後は、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能を補います。

電話でのお問い合わせは072-321-2010メールでのお問い合わせはこちら